第140巻 ~能登路は恋路へ向かう路、その1~

とある落ち着いた感じの港町を横切る田舎道。


能登01


その道から路地へ入ってすぐの所にとある鉄道の駅がありました。

それはもうこれぞ日本の田舎に有る駅という趣でした。



能登02



今回はそんな駅から始まるお話です。




文『清く、正しい幻想郷のブン屋、射命丸 文です』

能登03


文『今回は石川県の能登半島を縦断しているのと鉄道へやって参りました』

文『のと鉄道は七尾駅~穴水間33.1kmの第三セクターの鉄道です』

文『私が居ますのはその途中の駅、西岸駅です』


能登04


文『取材の時期が6月でしたので紫陽花が綺麗に咲いておりました』

文『それでは駅舎の中に入ってみましょう』


能登05


文『駅舎自体は古いものの、手入れが行き届いており綺麗な状態を保っています』

文『しかし、なにやら沢山のポスターが貼られたりノートが置かれていますね』


能登06


文『その中には北陸新幹線のポスターも有り、新幹線は地域の念願だったのかも知れませんね』

文『北陸新幹線と言えば今朝に列車名が決まったとのニュースが入ってきました』

文『かがやき、はくたか、つるぎ、というこの3つの名はこの土地の方なら馴染み有る名称ではないでしょうか』



文『さて、このポスターの奥には見慣れないサボが展示されていますね』


能登08



文『ここは本来、西岸駅と言うのですが【花咲くいろは】という作品の中に出てくる
  湯乃鷺駅と大変似ており、この作品を愛する雄志で作った代物のようです』

文『そして、その雄志達によって明日の10月11日から臨時列車が運行されるようです』
参考:http://tetsudoyuso.blogspot.jp/2013/10/1011.html?m=1


文『また、のと鉄道さんの方でも12日~14日に臨時列車を運行するようですね』
参考:http://www.nototetsu.co.jp/kinenrenketu25-10.pdf


文『この時期は【ぼんぼり祭り】が金沢市内で行われるためそれに合わせているのです』
参考:http://yuwaku.gr.jp/bonbori/

文『そんな地域に根付いた作品の為に駅舎の中はこのような状態なのですね』


能登09


文『こうして綺麗な状態が維持できているのは地元の方からも
  愛されているからかもしれませんね』

文『あ、遅れましたがココでちょっと同行者のご紹介です』

文『松前緖花さんです』


能登10


文『取材ご協力ありがとうございます!』

文『やはり現地の方に案内して戴けると大変助かります』



文『・・・』

文『・・・ちょっと真似して・・・』



能登11


文『あややや』

文『ちょっと恥ずかしいですね』

文『はたてに見つかったらまた揚げ足を取られそうですね』


文『それではホームの方に向かいましょう』


能登12


文『なんと駅名標がゆのさぎになって居ますよ?』

文『作品のためにココまですると言うのは流石としか言いようがありませんね』

文『よく見るとこの錆びで汚れた部分も自然に付いた物ではなく作品内で出てきた状態に
  合わせるため人為的に付け加えられているようで、凄いこだわりです』

文『おや?』

文『どうやら列車がやってきたようです』



能登13


文『また、反対からも違う列車がやって参りましたね』


能登14


文『後からやってきた方の車両はなんと花咲くいろはラッピング車両ですね』

文『ラッピング車両についてはまた後ほどご紹介しましょう』


能登15


文『この駅で行き違いをするのですが、これから乗車するのは反対側に停まって居る普通の車両です』

文『それではちょっと駆け足で移動しましょう』


能登16


文『他にも沢山の友人と列車に乗り込みます』

文『取材許可の戴けていないお客さんも居るので車内の取材は少し中断しますね』



文『それでは移動開始です』


能登17
能登18


文『と言うわけで終点の穴水駅にやって参りました』


能登19


文『ここはのと鉄道の終着駅で車両基地が併設されています』


能登20


文『以前はこの先にも行く列車がありましたが、現在は廃線となっています』

文『ちょっと寂しい気もしますね』


文『駅自体は、旧国鉄の七尾線時代から使われて居るもので、
  現在も国鉄の雰囲気があちらこちらに見え隠れしています』


能登21


文『さて、ここからは列車では先に進めないので折り返しとなります』


椛『あやー!』


能登22


椛『この列車乗っていいかなぁ~?』

文『椛ー!』
文『ついてきていたのですか?』

椛『椛も列車に乗りたかったの~』

文『それでは、この先は椛に任せましたよ!』

椛『わかったよ、文~』



文『最近は椛も頑張って居ますので多分大丈夫でしょう』

文『この続きは、いづれ・・・今日はこの辺で』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文しぃ~

Author:文しぃ~
日本のどこにでも有るような山間に、
着ぐるみ4人娘と暮らして居ます。


着ぐるみ関係ブログのリンクは常時受け付けております。
気になれましたらお気軽にメッセージをどうぞ。


『川澄 舞』『秋山 澪』『射命丸 文』『犬走 椛』がうちの居候です。      

※各キャラの性格はブログの管理人の思考が反映されています。 設定等から外れる部分も有りますのであらかじめご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
総購読者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる