第162巻 ~天子と椛と・・・その2~

ドタバタ・・・

ドタバタ・・・



文『大きなネタを探して急いでいるのですよ。大きな』


18.jpg


?『お、飛ばしているなあ』

文『あ、貴方は?』


ヴ『私の名はヴィータだ』


20_20140707155628074.jpg


文『幻想郷の清く正しいブン屋、射命丸 文です』

ヴ『そうか』
ヴ『そう言えば、お前達の探している人物は既に建物の外に出てどこかに行ったようだぞ』


21_201407071602507b7.jpg


文『あややや』
文『いつの間に・・・』

文『それでは、私は先を急ぎますので』



ヴ『・・・退屈しのぎに後をつけてみるか』



天『さむーい・・・』


22_201407071604485dc.jpg


※取材時期は冬です。

文『ええ、暦上では冬ですから、寒いですね』
文『椛、その千里眼でにとりを探して』

椛『わかったー』





椛『こっちだよー』


23_20140707160704687.jpg


文『さすが椛の千里眼です』
文『頼りになりますね』


24_201407071608026d4.jpg


天『・・・さむい・・・』

ヴ『おい、大丈夫か?』

天『ええ・・・なんとか』


25_20140707161211d5d.jpg



椛『文ー、天子ちゃんが寒いってー』

文『それは困りましたねぇ』


26.jpg



椛『そうだ!』
椛『あの箱からは暖かい飲み物が出るの~』


27_201407071614151f6.jpg


椛『ぽちっとー』


28_20140707161610717.jpg


椛『はい、天子ちゃん』

天『ありがと・・・』
天『あたたかい・・・』

文『どうやら天界は季節の移り変わりが存在しないのかもですね』
文『寒い、暑いを感じる事が無く、下界の環境対応出来ないのでしょうか』

文『それでは、先に進みましょう』


29.jpg


椛『こっちー』
椛『こっち~♪』


30_2014070716204648c.jpg


文『人間達が商売を営む街にやって来たようです』
文『そう言えば、以前もここは訪れましたね』


31_20140707162245fb2.jpg


椛『そうだよー』
椛『ほら、以前見た石像があるの~♪』


32_20140707162400105.jpg


文『そうですね』
文『確かこの御方は隣国の歴史上で有名な役職が高い方でしたね』

椛『うん♪』
椛『じゃ、つぎー、つぎーw』


33_20140707162613b97.jpg


文『椛・・・何故このような並びなのですか?』

椛『こうすると、前から来た自転車とぶつからないの~♪』

文『ほほぅ、と言う事は天子さんはその露払いなのですね』

天『・・・!?』
天『椛さん・・・』

椛『・・・なぁにー?』


天『い、いやなんでもないです(((』


34_2014070716332354e.jpg




??『かわいいー!』
??『写真良いですかー?』

文『あ、はい』

??『ありがとうございますー』


35_20140707163452800.jpg


文『ここは人間の里ですから、妖怪の私達が珍しく見えるのでしょう』

椛『でも可愛いって言ってたよー』

文『悪い気はしませんね』

椛『それに、天子ちゃんは人間だよー』

文『あ・・・』

天『私も妖怪の仲間と見られているのかしら?』


??『握手してー!!』

椛『わかったー』


36_201407071637280b1.jpg


椛『あくしゅー』

文『椛・・・途中から犬の芸である“お手”になってますよ』

椛『椛犬じゃないもん! オオカミだよぉ~』


??『ありがとー、またねー、ばいばーい』

椛『ばいばーいw』


文『なんだかんだと、椛は人間のお子さんから好かれるようですね』

椛『うん』
椛『たのしかったー』

文『それでは、行きましょうか』

椛『うん♪』



椛『ねーねー』
椛『天子ちゃん』


37_2014070716422221e.jpg


天『はい?』

椛『椛もその帽子被ってみたいの~』

天『ちょっとだけなら良いですよ』

椛『やったー!』
椛『じゃぁ・・・』










38_2014070716434653a.jpg


椛『どう似合うー?』

天『良いのでは無いでしょうか』

文『椛・・・耳が引っかかってますよ・・・』



39_20140707164529318.jpg


椛『えー・・・』

文『それでは、試しに私も・・・』





40_201407071646470ef.jpg


文『どうでしょうか?』

椛『良く似合っているよーw』

文『ありがとう、椛』


天『・・・』

文『・・・あ』






ささっ・・・


41_201407071648368d0.jpg42_20140707164837fb6.jpg



文『やっぱり、本来在るべき場所に、在るべき物が有るのが一番でしょう』

文『やはり、天子さんが被るのが一番お似合いですよ』


43_20140707165041c4e.jpg



天『当然だわ!』

文『ですね』





椛『あーーー』

文『どうかしましたか?』


45.jpg



椛『にとり探しているの忘れていたの~』

文『ええ!?』

天『そういえば、いつの間にか街の端まで来ているね』


椛『子供達と遊んでてすっかり忘れてたの~><』

文『あやややや』


ヴ『仕方ないね、引き返そう』



44_201407071654596c4.jpg


文『・・・そうですね・・・』

椛『ごめんなさいー・・・』

文『失敗したのは仕方在りません、再び探しましょう』




文『さて、一行は無事ににとりを見つける事が出来るでしょうか』
文『それはまた、後のお話と言う事で』

文『それでは、今日はこの辺で』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文しぃ~

Author:文しぃ~
日本のどこにでも有るような山間に、
着ぐるみ4人娘と暮らして居ます。


着ぐるみ関係ブログのリンクは常時受け付けております。
気になれましたらお気軽にメッセージをどうぞ。


『川澄 舞』『秋山 澪』『射命丸 文』『犬走 椛』がうちの居候です。      

※各キャラの性格はブログの管理人の思考が反映されています。 設定等から外れる部分も有りますのであらかじめご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
総購読者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる