第一四巻

さて、エスカレーターを登り切ると、そこには屋根付きの

休憩出来るところが会ったので雨を避けて小休止。



伊安桃時代村27


文『なかなか雨が止みませんね』

文『八つ手の葉で出来た団扇もびしょびしょになってしまいました』



伊安桃時代村28伊安桃時代村29伊安桃時代村30


そりぁ、その団扇・・・あやしぃ~人の工作ですから、

湿気てしまうとフニャフニャに・・・ゲフンゲフン。



文『こうやっていても仕方がないので、傘を差して出かけましょう』



伊安桃時代村31伊安桃時代村32


文『先ほどとはまた違った祠のようなものが有りますね』

文『すこしお邪魔しますね』



伊安桃時代村33伊安桃時代村34
伊安桃時代村35伊安桃時代村36伊安桃時代村37



こんな感じの城下町。


伊安桃時代村38


文『それではおまちかね、お城・・・安土城の天守閣へ向かいましょう』

先ほどの場所からはバス送迎バスが出ており、少し揺られて到着とな。


伊安桃時代村39伊安桃時代村40



文『立派なお城ですね~』

文『内部が非常に気になりますので、早速行ってみましょう』



伊安桃時代村41



文『ここからは伊勢湾が一望出来ますね』



伊安桃時代村42伊安桃時代村43



文『金のしゃちほこは近くで見ると大きいですー』


文『下の部分は四角ですが、ここは六角形ですか』


伊安桃時代村44伊安桃時代村45伊安桃時代村46



文『これを建造された方のこだわりが随所に見受けられますね』


さて、ここは最上階ではなく、まだ上に階が有るようなので行ってみましょう


伊安桃時代村47



文『狭い階段を登りまして・・・』



伊安桃時代村48伊安桃時代村49伊安桃時代村50


文『・・・・!?』

文『な・・・何ですか?この部屋は!』


文『ここを作らせた方はあ●しゃm・・・』



それは分かっていても言わないお約束である(爆



伊安桃時代村51


最初はなんだかんだと言っていた文ですが、

好奇心は旺盛なので色々見て回ったのは言うまでも無いようですね。



伊安桃時代村52


文『このお城が出来たときには、既にこの国には電子制御の

  エレベーターを作る技術が有ったのですね』



伊安桃時代村53伊安桃時代村53-伊安桃時代村54



・・・それも言わないお約束である。  その2


そんなこんなな安土城。



伊安桃時代村55



再び小腹が空いてきたのでお団子やさんへ



伊安桃時代村56


文『・・・もぐもぐ・・・』

文『お団子1本食べませんか?』



伊安桃時代村57伊安桃時代村58伊安桃時代村59


文『あら?・・・要らないのですね』

文『では、私が統べて戴きます



伊安桃時代村60



返事する暇もなく、文のお腹に納まる団子・・・。


文はご満悦の様子で再び歩き出す。

そんな伊勢・安土桃山文化村・・・。



伊安桃時代村61


そんなある日の昼下がり。

こうして文の文化村のお散歩は終わります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文しぃ~

Author:文しぃ~
日本のどこにでも有るような山間に、
着ぐるみ4人娘と暮らして居ます。


着ぐるみ関係ブログのリンクは常時受け付けております。
気になれましたらお気軽にメッセージをどうぞ。


『川澄 舞』『秋山 澪』『射命丸 文』『犬走 椛』がうちの居候です。      

※各キャラの性格はブログの管理人の思考が反映されています。 設定等から外れる部分も有りますのであらかじめご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
総購読者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる