第四八巻 ~文と椛の小月基地、その3~

文『ではでは、小月基地のお話も今回で三回目』


椛『いつになく分割しているね~』




文『あやややや』

文『ネタが補給される気配が無いのでこれで引っ張るしか・・・』

文『・・・いや、なんでもありません』




椛『そんな事より続き、続き』

文『そ、そうですね』





文&椛『格納庫からどぞー』


小月35



文『コックピットの見学は人気で順番待ちが長そうですねー』


椛『みんな、なかなか体験出来ないから気になるのね』


文『並んでいる間は、並んでいる人のインタビューや機体の写真を撮りましょう』



小月36小月37




文『椛~いいね~、いいね~、さいこうだよー』

文『うんうん、いいねーw』














一方。


文と椛が順番待ちをしている間にもこたんは無事探し人を見つけたようです。



小月38小月39



なんとも良い、もこけね。


その二人の会話は、離れた所に居る文と椛には聞こえません。

どんな楽しい会話が繰り広げられたかは想像にお任せします。







再び、あやもみ。


小月40



まもなく、順番が回ってくると言う事で、二人のテンションは上がってきます。





椛『やっと、乗れるねー』


文『しっかり取材しないと!』




そして、順番が回ってきました。




係員『足下に気をつけてくださいね』


小月41



文『ありがとう』

文『あ、金属の羽でもやはりもろいのですね、踏まないようにしないと』




椛『あやーーー、大変だよーー』


小月42



椛『しっぽが入らないよーーーー』


文『もみじ・・・一旦立てば良いかと』



椛『あー、そういば』


小月43



椛『入ったー!』

椛『よーし、出発だー』




文『なるほどー、中はこうなっているのですね』



小月44



文『狭い中にスイッチが色々付いてますね』

文『さらに丸いガラスの中に針が一つないし二つが付いてます』



小月45



文『左右ほとんど同じのが付いているようですね』

文『二人で動かすのでしょうか?』




文『はい、椛、こっちむいて』


小月46小月47



文『椛と私の関係ですね』


椛『?』







文『これは何でしょう?』


小月48



文『おや? これは何か動きますね』



椛『さすが、あや』

椛『出発だね!  いこー!』




小月49





そんな二人の姿を遠くから見つめる、もこけね。



小月50





けーね『あの二人は取材と言っていたのですが』

けーね『どう見ても遊んでいるようにしか見えませんね』


もこたん『まあな』





確かに遊んでいるようにしか見えません・・・(;´Д`)






係員『そろそろ交代願いますー』


あや、もみ『はーい』



小月51



椛『たのしかったね、あやー』


文『色々ネタが確保できました!』




文『あら? これはこれは肝けーねさん』



小月52



けーね『きもけね言うなー』


文『あやややや』

文『失礼、失礼』



椛『もこたん、無事探していた人ね逢えたのね』


もこ『うん』





文『はいはい、せっかく逢えたので写真を撮りますよー』


文『はい!』




小月53



けーね『新聞記者が前に出ていては新聞の意味が無い気がするのですが・・・』


もこ『あいつらは、そもそも取材する気があるのか?』


けーる『言われてみればそうですね』







文『おや?』

文『あちらにはけいおん!グループが・・・』


文『取材~取材~♪』


小月54




文『ありがとうございましたーw』







そんな小月基地格納庫。


一応、コックピットの資料収集は出来たかと思います。






それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

文しぃ~

Author:文しぃ~
日本のどこにでも有るような山間に、
着ぐるみ4人娘と暮らして居ます。


着ぐるみ関係ブログのリンクは常時受け付けております。
気になれましたらお気軽にメッセージをどうぞ。


『川澄 舞』『秋山 澪』『射命丸 文』『犬走 椛』がうちの居候です。      

※各キャラの性格はブログの管理人の思考が反映されています。 設定等から外れる部分も有りますのであらかじめご了承ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
総購読者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる